業者の選び方をしっかり学ぶ!遺品整理を利用する前に知っておきたい基本まとめ

遺品整理は、個人で進めていくこともできますが、作業が順調に進まない場合や急いでいる場合は業者に依頼することも考えていきたいところです。
最近は遺品に対応できる業者も増えていますが、遺品を専門に扱う業者と一般的な不用品回収業者ではサービス内容も変わってきます。
依頼する前には、必要としているサービスに対応できるかどうかも確認しておきましょう。
良い結果を得るためにも、業者選びは失敗しないよう慎重に選びたいところです。

業者の選び方をしっかり学ぶ!遺品整理を利用する前に知っておきたい基本まとめ

遺品整理は何かと時間や手間もかかりますが、できるだけ早く終わらせたいスムーズに作業を進めたいという場合は、専門の業者に依頼することも考えてみましょう。
最近は、こうしたサービスに対応した業者も増えています。
選び方としては、遺品整理を専門にしているかどうかというところです。
不用品回収業者では、遺品も不用品として扱われることになります。
丁寧に扱ってほしい、供養もしてほしいという場合は専門業者を選びたいところです。
それから、価値の高い遺品の処分で悩んでいる場合は、買取ができる業者かどうかも確認しておくことがおすすめです。

遺品整理とは?故人が残した遺品を整理して片付けるだけでなく供養も大切な仕事

遺品整理とは、ただの不用品の片付けではなく、故人が残したものをきちんと供養していくことも重要になります。
家族が受け取るものが数多くある中でも、必要ないものが出てくる場合があります。
必要ないものは売ってお金に変えていくことをきちんと考えていくことも必要です。
お金に変えていくことはとても重要になるため、買取サービスを利用することも必要になります。
遺品整理とは、不用品を買取できる可能性がある点に注目していくことも大切なポイントです。
人形など、売ることができずに扱いに困ってしまうものは、供養することを意識することも重要になります。
片付けていくことができるように、専門業者に依頼することをおすすめします。
遺品整理の専門業者に依頼をすることにより、遺品整理士の資格を持つスタッフにサポートしてもらうことができるなど、安心に変わります。
捨てていいのか判断に困るものを相談することによって、正しい片付け方がわかります。

遺品整理は四十九日を目安に行われることが多い

家族で不幸があった際に遺族側は葬儀や手続きなど様々な作業が待っていますが、同時に遺品整理なども行う必要があります。
明確な期限などはありませんが相続の手続きなども考えると早めに始める事が重要ですが、中でも四十九日を目安に行われる事が多いです。
実際になぜ遺品整理が四十九日を目安にしているかという点ですが、まずは仏教の考えから供養という意味が込められています。
日本では仏教が多く葬儀でも仏式が多いですが、遺品整理を早めに行う事で故人がまよわず成仏することを願うという意味が込められます。
生前使っていた物が残っている事自体が心残りになる可能性を考慮し、早めに整理をするという考え方となります。
他に故人の請求書に関する資料など把握しきれない物を、早めに整理することで見つけて処理をするという意味も含まれます。
役所に関する手続きなども多くありますが、遺品の整理をすることで新たな書類や必要な手続きに気が付ける場合も多いです。

遺品整理は遺族の気持ちの整理にも繋がる大切な作業

身内に不幸があった場合、残された遺族が最後のお別れの場として葬儀を準備したりと様々な手続きを行ったりと忙しくなる事が多くあります。
その中でも遺品整理は遺族にとってはつらい作業にもなりますが、ポイントとして気持ちの整理をするという意味では重要なポイントの1つです。
家族が残した物を整理する事自体は辛い事ばかりだと捉えられる人もいますが、遺品整理を進めることで気持ちと向きかう機会が与えられている場合があります。
1つ1つ丁寧に整理しながらどのようにするかを考え、時には家族とどうするか相談したりします。
整理作業を進めることで家族が亡くなったことを受け止める事にも繋がり、泣いてばかりいられないという思いも大切です。
家族との思い出の品を整理するからこそ、喪失感だけでなく大切に使用という思いが強くなるきっかけにもなります。
遺品整理自体はつらい作業ではありますが、昔の記憶などを思い返しながら前向きになるきっかけでもあります。

遺品整理を専門にしている会社の中には特殊清掃を可能にするところも

一人住まいの世帯は収入の減少などの理由で結婚をしない人が多くなったことで増えていて、故人になった後の処理件数が激増して問題視されています。
その理由は本来であれば親族が故人の住居に来て遺品整理をするのですが、関係する人物が全くいなかったり、いても遠方にいてすぐには対応できないといった事情があるからです。
また、近年は何年も連絡を取らないことから対応を拒む人もいて、この問題の解決は難しくなっているでしょう。
単身世帯の拡大で新たな問題になっているのは、故人の住居に付着した汚れが簡単には除去できない状態になり、特別な清掃をしなければ対処できないような事案が多くなっているということです。
この汚れは単身世帯では日常的に掃除をしなかったり、孤独死によって排出された体液が床にこびりついてしまうことが大きな理由になっています。
このような汚れを除去することを特殊清掃と言いますが、今はこの清掃と遺品整理の両方を実施しなければいけない案件が増加していて、遺品整理の専門会社が同時に清掃を行う場合もあります。
特殊清掃と遺品整理は同時進行しなければ処理が難しく、このような理由から二つの業務を一緒に行う業者も多くなっています。
これは効率だけで行われているわけではなく、一方だけの業務では完全な解決ができなくなっているからです。

遺品整理は自分で行う方法とプロに依頼する2つの方法がある

遺品整理を行う場合に自ら行うという手段だけでなく、専門の業者に依頼するという方法を選ぶ事が可能です。
この2つの方法自体にはそれぞれ特徴が異なるので、ポイントを把握してどちらの手段で遺品整理をするかを決める事もポイントとなります。
まず自分で行う場合ですが、掃除や処分なども含めて全部自ら行うので費用がかからないという点です。
また1つ1つしっかり自分で判断して整理する事ができるので、整理後に後悔することなく納得できるという点もあります。
ただし時間がかかる点や注意が必要なので、整理に期限がある場合は注意が必要です。
業者に依頼する場合は決められた期間内で的確に整理する事ができますが、依頼することで費用がかかるという事も理解する必要があります。
業者と連携できずに必要な物を処分されたりとトラブルになる事も想定する事が大切です。
それぞれのよい面や注意点などをは把握した上で、整理する手段を決めるのもポイントといえます。

遺品整理を自分で行うときのメリットとデメリット

身内に不幸があった際に行う作業の1つとして遺品整理がありますが、専門的な業者に依頼する音はせずに自ら作業を行うという人も多くます。
実施に自分で遺品整理を行う場合、ある程度基本となるメリットとデメリットは把握しておく事が大切です。
まずメリットですが業者に依頼するわけではないので、費用を抑える事が出来るという点です。
掃除や物を運ぶといった手間はかかりますが、自ら作業を行うので費用はかからず節約出来ます。
直接アイテムを選別して整理する事ができるので、納得して遺品整理ができるというのもポイントの1つです。
逆にデメリットとなるのが1人で行うからこそ、時間がかかってしまうという事は理解しておく必要もあります。
また大きな物などを運ぶ場合は1人では無理なので、他に手伝ってくれる人を探してお願いするなどスムーズに作業を進めるのが難しい事が多いです。
このように自分で整理作業を行うことでのメリットやデメリットがあるので、理解して取り組む事がポイントといえます。

遺品整理をプロに依頼するメリットとデメリット

遺品整理を家族だけで処理しようと思うと、時間がかかってしまいます。
特に粗大ごみや、燃えないゴミは収集センターに持って行ったり取りに来てもらう必要があるでしょう。
仕事を休んで、ゴミ処理をすることができないひとは休日に作業をしないといけません。
遺品整理をプロの任せることで、確実に短時間で済ませられるのがメリットです。
さらに、遺品整理の業者では高額な品物の取り扱いの相談にのってくれます。
遺産トラブルを無くすためにも、相談したほうが助かります。
いらなくなった物は、供養をしてくれるので安心できます。
デメリットは、自分で整理するよりも費用が発生することです。
そのため、最初に費用については、確認しておくことが必要です。
短時間で遺品整理をするので、気持ちの整理ができないという人もいます。
このように悩んでいる人は残したい場所は、あとで自分で確認するという方法も選択できます。
メリットとデメリットを知った上で業者に頼むことが、ポイントになるでしょう。

遺品整理をするときには遺族とのトラブルや書類の処分に注意しよう

遺品整理を行う上で重要なポイントとなるのが、自分で全てを判断しないという点があります。
残された遺族側の誰かが整理する人となりますが、年齢や状況によっては自分1人で行うといった場合も多いです。
そんな時にトラブルになる事が多いのが、相続できる品物などを勝手に処分してしまったり必要な書類を処分してしまった場合になります。
特に相続に関するトラブル自体はとても多いので、遺品整理をする中で捨てる捨てないの判断は自ら行わずに話し合いで決める事が重要です。
そのため話し合いが必要な物と書類関係もまとめておいておき、後で遺族が集まって相談するといった場を設けるなど工夫するようにします。
書類なども必要なものとそうでない物か判断できない物も多いので、それらも含めて安易に捨てないという事が重要です。
最初の段階で相続品や書類品関係をまとめておき、話し合いを済ませておけば後の整理自体はスムーズに進める事が出来るようにします。

遺品整理業者を選ぶときには口コミ評判も参考にしよう

遺品整理を行う上で専門の業者に依頼する場合、数多くある中から1社に絞り込んで依頼する必要があります。
まずはどこの業者に依頼するかを決める事が必要ですが、その際に比較する上で口コミ評判などをチェックするのが有効的です。
実際に遺品整理の時に利用した人の体験談となるので、自分にとって有益な情報を得る事が出来ます。
もちろん実際に利用した際の評判としてはよい面だけでなく、注意点や悪い面などもしっかりチェックする事が必要です。
悪い所は最初から駄目だと除外するのではなく、なぜだめなのかという点が重要になります。
遺品を整理する上で求める内容や状況には大きな差があるので、相手にとっては不都合な評価であっても自分にはよい場合も含まれています。
よい面の評価と合わせて悪い面や注意点の評価も合わせてチェックを行い、最終的にどこがよいかを判断する事が可能です。
全ての評価を見比べるという事は難しいですが、参考にする場合は有効的に活用出来ます。

遺品整理に関する情報サイト
遺品整理を利用する前に知っておきたい基本

遺品整理は、個人で進めていくこともできますが、作業が順調に進まない場合や急いでいる場合は業者に依頼することも考えていきたいところです。最近は遺品に対応できる業者も増えていますが、遺品を専門に扱う業者と一般的な不用品回収業者ではサービス内容も変わってきます。依頼する前には、必要としているサービスに対応できるかどうかも確認しておきましょう。良い結果を得るためにも、業者選びは失敗しないよう慎重に選びたいところです。

Search